子供服業界人のブログ

はじめまして。いわいななです。 信組tで子供服大手企業に入社し、百貨店・ショッピングセンターでのお仕事を経験してきました。 “子供服業界人のブログ”では趣味の百貨店&美術館巡り、ミニマリストとしての生活、たまに子供服についても書いています。 どうぞよろしくお願いいたします。

セール終盤のお店の作り方。

週末の販売お疲れ様でした。

やっと夏本番を迎えたと思えば、
アパレルショップの店頭には
秋物が続々と並びはじめています。


すぐに着れるノースリーブのトップスも売れば
ベビーギフトへニット帽を売ったり

新入社員は、「「頭がパンクしそう!」」
嘆いていました。


それはお客様にとっても同じです。

春夏物と秋物が混在する店内では、
お客様にとって分かりやすく手に取りやすいお店作り
特に大切で売り上げに響きます。


セール終盤のお店作り

今回は、自分自身の復習の意味でも
セールアイテムプロパーアイテムが混在する時期の
お店作りのコツをご紹介します。

ボリューム陳列

夏物在庫の消化がかなり進んで、
アイテムやカラーに偏りが出てきたのでは
ないでしょうか。

百貨店ブランドでは特に、SCブランドでも
セールアイテムの陳列スペースは限られると思います。

その中でも
“探せばなにかありそう!”と思ってもらえるように
セールをプロパーよりも積んでおく必要があります。

セールから掘り出し物を探すのが好きな人は
一定数いますからね。

商品のケア

セールアイテムは、
安くなっているとはいえ
お客様にお金を出して買っていただく商品です。

・店頭で発生した汚れやほつれがないか
→お客様が見つける前にスタッフが必ず見つける

・生地に他の服の繊維が付いていないか
→コロコロをかけて綺麗にととのえる

プロパーの時期からセール終盤までの長い期間
店頭に並んでいた商品は改めて、
売り物としての価値を保つためにケアが必要です。

店頭の整理整頓

そして、店頭の整理整頓も大切です。

・セールポップの角がボロボロになっていないか
→印刷し直して貼り替える

・ポップの%表示はあっているか
→再値下げがあり変動していることもあるので、
誤った案内にならないように確認して表示する

・おたたみは綺麗にされているか
→ただでさえアイテムやカラーがまちまちなので、
できるだけ綺麗に見えるように陳列する

商品をより魅力的に
売り場をより分かりやすくする
ことも
販売員の仕事です。


プロパーアイテム展開

プロパーアイテムは
セールアイテムと比べられるとやはり高価で、お客様の手が出にくいです。


ただ、夏物を買い尽くした方にとっては新鮮で
ついつい先買いしたくなるのです…!

ショップの鮮度を保ち、
またお客様に目星を付けていただいて
実売期に戻って来ていただく
ためにも
秋物プロパーは大胆に展開していきましょう。


★セールに引き寄せられたお客様が、
秋物を下見して帰る

★秋物を見に来たお客様が、
ついでにセールを買って帰る

春夏物から秋物への立ち上がり期は
価格的にも素材的にも
なかなかスムーズには行きませんが、
そんな相乗効果を狙える時期ともいえます。