子供服業界人のブログ

はじめまして。いわいななです。 信組tで子供服大手企業に入社し、百貨店・ショッピングセンターでのお仕事を経験してきました。 “子供服業界人のブログ”では趣味の百貨店&美術館巡り、ミニマリストとしての生活、たまに子供服についても書いています。 どうぞよろしくお願いいたします。

お店に並んでいない物からも選んで買い物しよう。”ストック販売”とは。

Bonjour! ななです。

“ストック販売”という言葉を
聞いたことがあるでしょうか?

業界用語ではありますが、
業界人よりも、買い物をする客にとって
知っておくととてもメリットのある販売方法
です。

今回も
ぜひお付き合いくださいませ。


百貨店などでは特に、
ディスプレイの都合上、入荷した商品を全て
店頭に陳列しているわけではありません。

アイテム・色のバランスを考慮し
ブランディングされたショップを作るためにも
厳選した商品 を並べています。

カラーバリエーションを全ては出さず、
夏なら、涼しげなカラーのみを出す場合があります。
子供服なら、赤や黄色など
アイキャッチになるカラー
のみを並べることも。

まだ在庫が残っていても、
新作商品を際立たせるために、
一旦店頭から引く(置かないことにする)商品
なども
あります。


そして、
客が"他の色もないのか 見てみたい"と要求したときや
スタッフが客との会話で
"ぜひあの商品もおススメしたい(買ってくれそう) "
思ったときには
ストックにあるその商品を持ってきて見せてくれます。

これがストック販売です。


他にも、
"以前にここで見たあの商品はまだありますか?"
何か理由があって
真夏に"長袖は置いていますか?"など
あるアイテムをピンポイントで探している客に
ぜひ、ストック販売を利用してほしいです。

このようにストック販売は、
客の様々な要望に、可能な限り寄り添うことのできる
販売方法といえます。

しかしながら、店頭では
客・スタッフにとって目に見えない商品であるため、
お互いのコミュニケーション
スタッフのストックにある商品の把握が必須です。

また、アパレルショップは
美術館や博物館ではありません。

比較・検討をする猶予は与えられているものの
あくまで買い物をする場所です。
買う気がないのに、ただの興味で
いろいろと出してもらうのは迷惑な行為です。

ショップスタッフのおもてなしや好意に
甘え過ぎないのが、スマートな客であると
私は考えています。


店頭で目に入る物の中からだけでなく、
ぜひそのお店の商品全部から
ショッピングを楽しんでみてくださいね。