子供服業界人のブログ

子供服の大手企業に新卒で入社、百貨店のジュニアブランド→休職→SCベビートドラーブランドの2番手を担当。休日は関東を中心に全国の百貨店・SCを巡っています。ファッションビジネス能力検定3級・ファッション販売能力検定3級

日本初のメガネのサブスク“ニナル”はじめました。

Bonjour! ななです。

今年もどうぞよろしくお願いします!


昨年末に
“サブスクリプション2.0”という書籍で見つけた
メガネの田中が手がけるメガネのサブスク
“二ナル”

-サブスクリプション

製品やサービスなどの
一定期間の利用に対して、
代金を支払う方式。

サブスクと略される。

欧米でのサービス流行の波とともに
2018年から19年にかけて
日本でもサブスクのサービスが多く誕生。

2019年は“サブスク元年”と言われた。

さっそく、銀座店で
二ナルを申し込みしてきました!

スピード感とトレンド感の
サービス申し込みまでの流れ
と、
私が感動した丁寧で新鮮な接客についてを
詳しく書いていきます。

申し込みの流れ

来店予約

二ナルのサービスを受けるにあたり、
店舗に行ってメガネを選ぶ必要があります。

ホームページ→二ナルのページ
→“お近くの店舗を検索”
→☑店舗のエリア ☑二ナルの取り扱い を選択し“検索”
→店舗名の下にある“二ナル予約”をクリック
→日程や個人情報を入力

こうして来店予約を完了させます。

この段階ではまだ“来店予約”であり、
二ナルについて相談する約束を
取り付けるイメージ
です。

これで二ナルに申し込めたわけでも、
二ナルを必ず申し込まなければいけないわけでも
ありません。


メガネ選び

二ナル予約で来店しているので、
もちろん二ナルのメリット・デメリットの説明
担当スタッフが詳しくしてくださいます。


しかし、スタッフがおっしゃっていたのが、
気に入ったメガネが見つかってこその
サービスの利用
です。

「気に入るメガネが見つかればご購入もできますし、
二ナルでの利用もできます。」
というふうに
選択肢を与えてくださるところに好感を持てました。


一度契約すると3年間
毎月一定の額を支払いする
わけですからね。

押し売りをするようなスタイルではないので、
安心してください。


興味があれば来店予約をして、
来店してメガネを選んでから
ニナルの利用を検討するのもありだと思います。

アイウェア・コーディネート

メガネの田中は
広島県で創業した老舗のメガネチェーンです。

店舗では、一人のスタッフがつきっきりで
メガネ選びをサポート
してくれます。


顔の系統から合うものを見つけるメガネ選びは
よくありますよね。

二ナルでも、まずはタブレットで写真を撮り、
顔の系統やバランスから導き出した
クール度ややわらかさの度合いを
自動的に出してくれる
ようなシステムがありました。


また、自分に合うメガネだけではなくて
自分がチャレンジしたいと思っている
メガネ
を見つけてくれるのが
田中流のメガネ選びだと感じました。

右上のピンの
白を“いつも自分が選びがちなかんじ”
赤を“実は選んでみたい興味があるかんじ”
置きます。


ジャンルは
服から服飾雑貨、食事、旅先まで様々です。

自己分析をしているようで面白かったです。

また一人でやる自己分析とは違って、
「今日の恰好からは、
こちらの感じが強いのかなと思いましたが
あちらの系統を選ぶこともあるんですね。」

スタッフが相槌を打ってくれます。

自分は初対面の人からどんなふうに見えているか
知ることができる良い機会となり、
たいへん参考になりました。

メガネの試着

ある程度ピンを並べてから、ボードをめくると
自分の好きなものや気になったものから
自分に似合う系統・チャレンジしてみたい系統
見えてきます。

分析の結果と、私との会話からスタッフが
メガネをいくつか選んできてくださいます。

私は、エレガンス・ロマンティック・リラックス
自分がいつも選ぶ似合うであろう系統です。

一方で、一癖あるアイテムが好きなので、
モダンとエスニックにもピンを置いていました。
チャレンジしてみたい系統と言えます。


まずは、モダンやエスニックの要素が強い
個人でやっている日本人デザイナーのメガネを中心に
個性的なメガネを試着しました。

フランスのファッションブランドが手掛ける物など
日本でも取扱店舗がかなり限られるレアなアイテムも
二ナルなら、日常で試すことができます。


デザイナーの仕事や
これまでのコレクションのことなど、
スタッフの知識量の多さに驚きます。


つづいて、
エレガンス・ロマンティック・リラックスの要素が強い
ベーシックでトレンド感のあるメガネや
アクセサリー感覚でつけられる主張しすぎずとも華やかなメガネ
なんかも
試着させていただきました。

二ナルでは、3年間の契約期間に
合計3本のメガネを借りることができます。

つまり、
3年の間に2回メガネを変更できます。


普段使いのベーシックなものを選んで
使い倒す
のもいいですが、
買うには勇気がいるけれどサブスクでなら!と
個性的な一本を選んでみる
のも
いいと思います。

季節に合わせたメガネや
その時はまっているスポーツ用のメガネなど、
サブスクならではの
メガネ上級者のメガネ選び
ができます。

どんどん試着し、気に入ったものを探します。

私の反応や、今日探している目的等を拾って
スタッフがメガネを自然に絞ってくださるので、
あまり深く考えずに来店しても
気に入った1本を選ぶことができる
と感じました。

申し込みと支払い

メガネが決まると、
「メガネ本体とレンズでいくらいくらで
買うこともできますが、
二ナルにしてみますか?」

ここでも選択肢を持って案内してくれました。

“に”のマークがレンズについているメガネが
ニナルの対象のメガネです。


二ナルでの利用にすることを決めて伝えると、
さっそくタブレットに個人情報を入力し
クレジットカード情報の入力するページが
メールで送られてきます。

“二ナル”申し込みに必要なもの

・クレジットカード
二ナルは月額¥2,100+税(子供は¥1,800)の
3年契約のサブスクです。
クレカでの支払いにのみ対応しています。

・身分証
本人確認のための身分証が必要です。
私は最近引っ越しをしたため、本籍地と
申し込み画面に入力した住所が違いましたが、
問題ない
とのことでした。
写真入りでなくても大丈夫です。

利用規約にサインをし、申し込み完了です。

メガネの受け取り

レンズさえあれば、
その日の仕上がりも可能とのことです。

私は、乱視入りのレンズでお願いしたので
レンズを取り寄せての仕上げで
1週間ほど先の受け取りとなりました。

ニナルでは乱視入りの度入りレンズはもちろん、
UVカットのレンズ
ブルーライトカットのレンズを選んでも
定額制の範囲内です。

課金することなく
様々なオプションを楽しめる
のは魅力的です。

また、契約の始まり、つまり料金の発生は
メガネが仕上がって手元に届いてから
とのことです。


今回、私は普段使いしやすい
Viktor&Rolf(ヴィクター&ロルフ)のメガネを
選びました。

フレーム1本を買うとなると3万円台
レンズも入れるとなると約4万円です。

メガネの田中で扱うメガネの相場がこれくらいなので、
メガネを2本借りると元が取れます。


最後に、見え具合と掛け心地を確認していただき
5分程度の滞在で受け取りは完了です。

メガネの交換

メガネは、
春夏・秋服で新作コレクションを展開する
ファッションブランドと同じサイクルです。

1月と7月が1番種類豊富に
メガネを選べる時期
だそうです。


このメガネをしばらく使って、
7月になったらまた店舗に足を運ぼうと思います。

ニナルでは
1本のメガネを使用する期間が決められていないので、
店舗に足を運んで気に入ったメガネがあれば
いつでも次のメガネに変えられます。

気に入ったメガネがなければ、
今使っているものをそのまま使用できます。

“何か新しいのが入っているかな?”
気軽に見に行けるのもいいですね。

まとめ

私が昨年から利用している
賃貸契約のサブスクOYO LIFEは、
スマホ一つで契約が完了する“手軽さ”
1番の売りです。
www.creativenana.com

今回利用した二ナルは、
メガネの使用シーンの
“可能性を広げられる”
ところと
メガネを“選ぶ楽しさ”
客にとっての価値になると感じます。


また、
3年契約で3本のメガネを借りられるということで、
できる限り物を所有したくないという
私のようなミニマリストにもお勧めしたいです。

私はこれまで、メガネを新しく選んで買うと、
その嬉しさとともに
所有するメガネが増えることに
多少のストレスを感じていました。

次のメガネを借りるときに
今回借りたメガネは返すことになります。

メガネを所有せずに、使用できる
というのは
メガネのサブスク“ニナル”の使用を開始した
大きな動機です。


時間に余裕をもって来店し、
冷静に契約を決めることをお勧めします。