子供服業界人のブログ

子供服の大手企業に新卒で入社、百貨店のジュニアブランド→休職→SCベビートドラーブランドの2番手を担当。休日は関東を中心に全国の百貨店・SCを巡っています。ファッションビジネス能力検定3級・ファッション販売能力検定3級

関西で話題のショッピングモール“阪急西宮ガーデンズ”に行ってきました。

Bonjour! ななです。

 

先日の東海・関西の旅では

関西のショッピングモール・デパートの中でも

際立って好調の

阪急西宮ガーデンズに行ってきました。

f:id:ny15i:20191230133759j:image

阪急電車の阪急北口駅から

西宮ガーデンズゲートをくぐって、

雨の日も濡れずにそのまま

館内に入ることができます。

f:id:ny15i:20191230133857j:image

1階

正面入り口をくぐると、右手に阪急百貨店が。

f:id:ny15i:20191230133945j:image

そう、阪急西宮ガーデンズは

阪急百貨店の横にぴったりとくっついています。

 

 

正面入り口は、余裕のある作りで

来館者をもてなします。

f:id:ny15i:20191230134036j:image

定番のSCブランド

すこし変わり種のファッション・雑貨のショップ

所せましと並びます。

 

 

奥に進んで行くと、食品のショップ

ちいさく種類豊富に出店していました。

 

コロッケ、たい焼き、チョコレート、紅茶など

ついつい買って帰りたくなりそうです。

 

 

フロアの奥にはフードコート

“ガーデンズキッチン”があります。

f:id:ny15i:20191230134137j:image

 

2階

主にレディスアパレルのフロアです。

 

比較的新しくきれいな館内、

白を基調として開放感を演出しながらも

天井が高すぎないのでどこか落ち着く作りです。

f:id:ny15i:20191230134243j:image

植物と曲線も、この館の雰囲気を作り出す

ポイントになっていると感じました。

 

どうせ買い物をするならば、

ここで買い回りしたい!と思わせるような

洗練されたモールです。

f:id:ny15i:20191230134303j:image

昨日紹介した名古屋のモゾワンダーシティーは

若いママパパが中心の客層でしたが、

阪急西宮ガーデンズは老若男女で賑わう館と言えます。

 

  •  

3階

子供服と雑貨のフロアです。

 

子供服ショップの数は多くはありませんが、

ひとつのショップの売り場が広く

じっくりとお見分けする客で賑わっていました。

f:id:ny15i:20191230134416j:image

 

4階

主にレストランのフロアです。

 

一部店舗は10:00からオープンしていて、

10:45の時点で人気店にはすでにたくさんの人が

列をなしていました。

 

先ほども書いたように

曲線を取り入れた作りなので、

歩いていると少しずつ奥のショップが見えてくるのが楽しいです。

f:id:ny15i:20191230134448j:image

阪急の世界観を残しつつ

“今”の人にも受け入れられるところが

阪急西宮ガーデンズの魅力だと感じました。