子供服業界人のブログ

子供服の大手企業に新卒で入社、百貨店のジュニアブランド→休職→SCベビートドラーブランドの2番手を担当。休日は関東を中心に全国の百貨店・SCを巡っています。ファッションビジネス能力検定3級・ファッション販売能力検定3級

軽井沢の自然の中の美術館“セゾン現代美術館”に行ってきました。

Bonjour! ななです。

軽井沢旅行記の続きです。

軽井沢駅前のプリンスショッピングプラザの記事は
こちらからご覧くださいませ。

www.creativenana.com

軽井沢に着いてすぐ、
セゾン現代美術館へ向かいました。

軽井沢駅からも、中軽井沢駅からも
すこし距離があるので車での移動がマストです。

木々で生い茂る
このコンクリートに書かれた立体文字
美術館の入り口の目印です。

※所々わたしが登場しますが、お付き合いくださいませ。

このコンクリートのすぐ目の前に
無料の駐車場(砂利の平地)があります。

SEZON MUSEUM OF MODERN ART
一般財団法人 セゾン現代美術館

長野県北佐久郡軽井沢町長倉芹ヶ沢2140

4月中旬〜11月下旬の限定期間での開館

10:00-18:00(11月は17:00まで)

木曜休(8月は無休)

敷地へ入ってから、建物までは
3分程度歩きます。

緑が多く虫もいましたが、
道は整備されているので
ヒールでも歩くことができました。

私がうかがった時期は、
小野耕作さん門田光雅さんの展示を
行っていました。

基本的には撮影禁止ですが、
今回の展示では
📸のマークのある一部の展示が撮影可能です。

小野さんの作品は、
百花繚乱の色彩もさることながら
凸凹とした立体感が印象的でした。

いろんな角度から見て、素材をたしかめたくなる
好奇心をくすぐられるものばかりです。

一方、門田さんの作品では、
日本古来の色である石竹色、浅葱色を使い
新しいアートを表現されています。

規則の中の不規則は、
どこか心地よくずっと見ていられます。

他のアーティストの作品も楽しむことができました。

ほどよいボリュームと起承転結のある
軽井沢にお出掛けの際には
たいへんオススメしたい美術館と展示です。

The ENGINE 遊動される脳ミソ

2019/4/20〜9/1

一般 ¥1,500
※セゾンカードの提示で¥750

次の記事では、
セゾン現代美術館のミュージアムカフェ
YAMAARASHI CAFE(ヤマアラシカフェ)
ご紹介します!