子供服業界人のブログ

子供服業界2年生。百貨店・SCに足を運ぶことが趣味です。

靴のクリーニング屋さんの利用方法。料金。

Bonjour! ななです。

 

以前に、自宅で保管していたブーツが

カビてしまっていたことから、

“靴にカビが生えてしまったらまずすること

カビがはえないように心掛けたいこと”

についてご紹介しました。

www.creativenana.com

 

今回は、

“靴のクリーニング屋さんの使い方と料金”

ブーツのクリーニングの仕上がりとともに

ご紹介します。

 

実店舗とオンライン店舗

 

靴のクリーニング屋さんの形態は主に2つ

・実店舗を持ち、客が靴を持ち込む

・オンラインの店舗を持ち、客が靴を送る

 

私が利用したのは、実店舗のほうです。

 

靴を持ち込む前に一度立ち寄り、

価格や仕上がりまでの期間、自宅での保管方法などを

相談できたことは安心材料になりました。

 

普段持ち歩くことのない靴を持って行き

また持ち帰ることを考えると、

自宅からできるだけ近い店舗の利用を

おすすめします。

 

オンライン店舗の紹介は、

今回は割愛させていただきます。

 

靴のクリーニング料金

 

今回利用した

大手チェーンの靴・鞄のクリーニング店

料金は、以下の通りです。

レギュラー

(スニーカー、サンダル、パンプスなど)

¥2,500(税抜)~

 

ショートブーツ

¥3,000(税抜)〜

 

ロングブーツ

¥3,500(税抜) 〜

素材は何であれ

面積(大きさ)で価格が決まるようです。

f:id:ny15i:20180913012013j:image

この料金がベースとなり、それにオプションを

付け足していくようなかたちです。

 

オプションメニュー

 

衣服のクリーニング同様に

汚れの状態が酷い場合や、

ピンポイントで集中的に落としたい

しぶとい汚れがある場合には

追加料金がかかります。

 

また、靴のクリーニングならではの

こんなメニューもあります。

 

・かかとのゴム交換

 

店員さんに、交換どきですね〜!

言われてはじめて

かかとが磨り減っていることに気付きました。

 

ゴム交換も

かかとの面積に比例した料金設定です。

かかとの面積が1,2cm四方ほど

(ヒールなど)

¥1,200(税抜)〜

 

5cm四方ほど

(わたしの持ち込んだブーツはここ)

〜¥1,800

 

かかと部分のゴムを外し

新しいものに付け替えます。

 

綺麗な仕上がりに、感動しました!

f:id:ny15i:20180913014148j:image

 

・補色

 

靴は、履いていると

いつのまにか色落ちしてしまっています。

 

汚れを落としたあとは、

仕上げとして、補色をします。

 

黒やネイビーは、気持ち色が濃くなり

あとの色は鮮やかになるそうです。

 

私の伺った店舗のスタッフは

“栄養を入れる”と表現していました。

 

そのとおり、新品のように

表面の色が蘇っています。

f:id:ny15i:20180913015350j:image

補色は、

基本料金に含まれるサービスでした。

 

 

カビ案件は特に

しっかり乾燥させカビを取るため、

お預かりからお渡しまで10日かかりました。

 

通常のクリーニング(基本料金の範囲内)だと

1週間で仕上がるとのことです。

 

新しく靴を買うのも気分が上がりますが、

お気に入りの靴を

もう一度新品のように綺麗にしてもらうのも

いいかもしれませんよ。