子供服業界人のブログ

子供服業界2年生。百貨店・SCに足を運ぶことが趣味です。

東京・永田町に在るマリー・ローランサン美術館へ行ってきました。

Bonjour! ななです。

 

 

”政治の地”というイメージの強い

東京・永田町

 

しかし、

マリー・ローランサン美術館にはじまり

日本カメラ博物館

日本カメラ博物館 JCII Camera Museum

紀尾井アートギャラリー 

紀尾井アートギャラリー – 江戸伊勢型紙美術館

オカムラいすの博物館 

株式会社オカムラ|企業情報|いすの博物館

などコアな美術館・博物館の激戦区です。

 

今回は、ホテルニューオータニ内にある

マリー・ローランサン美術館をご紹介します。

marielaurencin.jp

 

マリー・ローランサン

フランスの女性画家です。

 

世界的ファッションデザイナーの

ココ・シャネルと同じ1883年生まれ。

1956年、73歳のときに

心臓発作で亡くなっています。

 

叙情と官能の独特な世界を表現する

その淡い色使いのフェミニンなスタイルは、

フランスだけでなく日本でも人気です。

 

代表作には

「家具付きの賃家」が挙げられます。

 

f:id:ny15i:20180824002420j:image

 

マリー・ローランサン美術館は、

世界で唯一のローランサンの専門美術館です。

 

1年を通して、テーマを変えて

彼女の作品のみを展示しています。

 

コンパクトな展示室と

程よいボリュームが心地よい美術館です。

 

f:id:ny15i:20180824002630j:image

 

大失恋や、亡命、フランスへの帰還など

彼女の人生に起こる様々な試練を、

彼女は画家らしく

そして女性らしく表現します。

 

今回、私が足を運んだ

”音楽とマリー・ローランサン”展では

そんな彼女の人生のなかでも、

ハッピーな時期の作品に

多く触れることができます。

 

マンドリンという楽器が

頻繁に登場しました。

 

イタリアが発祥のマンドリンは、

金属弦が繊細で優美な音を奏でるそうです。

 

ぜひ、ローランサンと音楽の奏でを感じに

足を運んでみてくださいませ。

 

Musée Marie Laurencin

 

〒102-8578

東京都千代田区紀尾井町4-1

ホテルニューオータニ・ガーデンコート6F

 

東京メトロ

銀座線・丸ノ内線 赤坂見附駅から徒歩3分

半蔵門線・南北線 永田町駅から徒歩3分

有楽町線 麹町駅から徒歩6分

 

JR中央線・総武線 四ッ谷駅から徒歩8分

 

11:00〜18:30

月曜休み(祝祭日の場合はその翌日)

 

一般 ¥1,200

学生割引、宿泊者割引あり

f:id:ny15i:20180824003645j:image