子供服業界人のブログ

子供服業界2年生。百貨店・SCに足を運ぶことが趣味です。

9/17まで三菱一号館美術館で開催”ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界ー1780年パリに始まるエスプリ”展に行ってきました。

Bonjour! ななです。

 

2018年6月28日から、9月17日(月・祝)まで

東京・丸の内の

三菱一号館美術館で開催されている

 

フランス・パリの老舗ジュエリーメゾン

Chaumet(ショーメ)による展覧会

”ショーメ

時空を超える宝飾芸術の世界

ー”1780年パリに始まるエスプリ”

に行ってきました。

 

三菱一号館美術館は

東京駅丸の内口を出てすぐ、

徒歩5分程の場所にあります。

 

フランス・パリに関する展覧会を

比較的多く取り扱う美術館です。

f:id:ny15i:20180808003509j:image

展覧会の順路は、

エスカレーターで登った最上階

3階から始まります。

 

ナポレオン一世と

その妻・皇妃ジョセフィーヌ御用達の

ジュエラーとして、

ショーメは歴史を歩み始めました。

 

絵画の展示があり、そ絵の中で

皇族が身に着けているブローチやティアラ

ケースに入り、絵画の横に展示してあります。

 

このジュエリーが、

彼女らをどう引き立てるのか

彼女らはどう付けこなすのか

見比べることができます。

 

ここでは、

私の大好きな画家マリー・ローランサンの絵と

思いがけず遭遇し、

作品への理解がより一層深まりました。

f:id:ny15i:20180808003113j:image

普段はあまり見ることのない

本物のジュエリーの輝き

 

そしてデザインのキーともなる

稲穂やツバメをさりげなく取り入れた

ディスプレイ

 

ぜひ注目して

展覧会を楽しんでいただきたいです。

f:id:ny15i:20180808003034j:image

中盤には、

撮影可能の部屋があります。

 

ジュエラーの芸術の頂点であり

ショーメのシンボルでもある

ティアラの展示です。

f:id:ny15i:20180808003157j:image

権威や感情を表す

センチメンタル・ジュエリーでもあるティアラ。

 

ひとつひとつデザインの異なるティアラは、

想像以上に華奢で繊細で

またパリのメゾンらしい遊び心を感じさせます。

f:id:ny15i:20180808003233j:image

男性の来場者も多く、この部屋で

感嘆の声をあげる人を何人も見かけました。

 

 

終盤には、

ギリシャ神話から着想を得たもの

中国やインドのエッセンスを強く感じさせるものなど、

パリのエスプリを残しつつ

ショーメのクリエイションの革新性を感じさせます。

f:id:ny15i:20180808003303j:image

衣服と同じく、ジュエリーもまた

”着用により真価を発揮する”とあり、

僭越ながら共感できました。

 

三菱一号館美術館

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内2-6-2

東京駅 丸の内口徒歩5分

 

月曜休み10:00〜18:00

 

リピート割、レディス割あり

f:id:ny15i:20180808003807j:image