子供服業界人のブログ

子供服業界2年生。百貨店・SCに足を運ぶことが趣味です。

棚卸の”誤差”が発生する理由、店頭での盗難。防犯方法。

Bonjour! ななです。

 

前回は、

在庫数の実査・確認をする棚卸について

説明しました。

www.creativenana.com

 

今回は、棚卸の際に、

データ上の在庫数

実際にショップにある在庫数

”誤差”が発生する理由を

解説していきます。

 

残念ながら、アパレルのショップでは

以下のようなことが起こってしまいます。

 

お客様に混ざった

悪意のある人による盗難

 

盗難により、在庫数が合わなくなる

ケースが考えられます。

 

アパレルショップでは、スタッフが

「よろしければお伺いします」

「おサイズいかがですか?」と

客に一言ずつかけて回りますよね。

 

これは、接客に入る第一歩です。

 

そして、実は、

”あなたのことを見ていますよ!”

という

盗難防止の意味合いも

持っています。

 

それだけでなく、日頃から

 

・客で賑わっているときこそ

ショプの隅々まで目を配る

 

 ・事務作業をするときも

ショップ全体を見渡せる位置に立つ

 

 ・店頭に並んでいる商品の数を

しっかり把握、スタッフで周知する

 

など、盗難を防ぐ努力は

欠かせません。

 

お店の外側に置いてある

マネキンが

身に付けている帽子や鞄が、

盗難にあいやすいそうです。

 

盗まれたものは

もちろんレジを通していないため、

データとしては

在庫が存在することになります。

 

これが、棚卸の際に

誤差が発生してしまう理由のひとつです。

 

次回に続きます。

 

出産お祝いや

子供のいる家庭へ出向く際の手土産など、

子供服のギフト選びのお手伝いを

ぜひ私にさせてください✨


お店選びやサイズ感、

こんなものを貰ったときは

どんなものを返すべき?など

子供服のギフト選びに関することなら

どんなことでもご相談くださいませ。


このブログで回答していきます。

匿名ですので安心して、どうぞ。

👉Sarahah - なにゃん


その他

子供服・子供服業界に関する質問を、

ぜひお寄せくださいませ。