子供服業界人のブログ

子供服業界2年生。百貨店・SCに足を運ぶことが趣味です。

ブランド体験とは。ブランドの価値を120%体感する。

Bonjour! ななです。


繊研の記事などでも
"◯◯することで、ブランド体験してもらうことが狙い"
などと、よく登場するこの言葉。


ブランド体験とは

ブランドストーリーを感じてもらうこと

ブランドの世界観を感じてもらい
情緒的価値を体感してもらうこと


・取り組みで、ブランドの姿勢を理解する

やはり、実際にショップで
お金を払って物を買って帰ると、
たとえ家にいてもブランド体験ができます。

ハガキやメールなどのDMが届きます。

ワークショップや季節のイベントなど
そのブランドがどんな取り組みをしているか
深く知ることができます。

これはまさに情緒的価値です。


そして、一度イベントに参加すれば、
次はさらにディープな空間
プライオリティな客として
招待されるでしょう。

この頃には、ブランドへの理解も深まり、
このショップの顧客であるという意識が
自然と芽生えているはずです。



・ブランドストーリーは、販売員から

ショップスタッフから接客を受けることも
ブランドを体感することに繋がります。

どんな言葉を使って
たなたにどんな商品をお勧めするのか。
どんな着こなしを提案されるのか。

ショップスタッフは
ブランドのために、ブランドらしくやっています。


また、ショップスタッフと客という
人と人との関わりは
お互いにとっての刺激になることでしょう。

服の話だけでなく、
私は、大好きなフランスについて
フレンチブランドのショップスタッフと
お話させていただくことが大好きです。

その会話の中で、
初めて知ったデザイナーやブランド
そして、彼女達(スタッフ)の美意識や価値観など
全てが私のファッション・ライフスタイルへの想いを
いつも、強く前へ進めてくれます。


・ブランドの拘りは、細部にまで

わかりやすいものでいえば、ショッパー

もっと注意深く見てほしい、服についたタグ

ギフトのラッピングはどのようなものかも、
機会があれば、気に掛けていただきたいです。


商品以外のプロダクトから
あなたの想像を超える拘りを垣間見たときには、
もうそのブランドに心を奪われるはずです。

出産お祝いや
子供のいる家庭へ出向く際の手土産など、
子供服のギフト選びのお手伝いを
ぜひ私にさせてください✨

お店選びやサイズ感、
こんなものを貰ったときは
どんなものを返すべき?など
子供服のギフト選びに関することなら
なんでもご相談くださいませ。

このブログで回答していきます。
匿名ですので安心して、どうぞ。
👉Sarahah - なにゃん